現役合格実績No.1の理由を体験できる東進の新年度特別招待講習

今回は、東進の「新年度特別招待講習」についてお話ししたいと思います。

東大現役合格者の2.9人に1人が東進の現役生。東大をはじめとする国公立大学、早慶上智、医学部などの難関大学入試において、東進の現役合格実績は日本一です。

それは決して偶然ではなく、結果には原因があります。

現役合格実績を公表している全国すべての塾・予備校の中で、表記の難関大合格実績において最大の合格数です。
その理由を確かめてもらうのが、「新年度特別招待講習」になります。
最大2講座まで新年度特別招待講習を無料で体験できる特別な機会ですので、ぜひ受講することをおすすめします。
※1講座は90分×5回+講座修了判定テストほか。

あの実力講師の授業や、東進だけの画期的な学習システムなどをこの機会に体験してみてください。
「新年度特別招待講習を」をきっかけに、学力向上と志望校合格、そしてその先の輝く未来へ歩みを進めていきましょう。

実施要領

受講資格

志望校合格を目指して学習に取り組む、意欲ある新高3生・新高2生・新高1生・高0生(※高0生とは、高校生レベルの学力を持つ中学生のことです。)

申込期間

2017年1月14日(土)から
2017年3月27日(月)まで
2講座申込締切…3月10日(金)まで申込み受付終了
1講座申込締切…3月27日(月)まで申込み受付終了

受講期間

2017年1月15日(日)〜2017年4月10日(月)まで

受講料

無料招待

通常1講座18,900円(税込)相当のところ、無料で受講できます。
2講座を受講した場合、37,800円分相当が無料となります。
講習入会金・テキスト料等もすべて無料です。







受講の流れ
  1. 招待状を請求:受講には「招待状」が必要になります。まずは「招待状を請求」しましょう。
  2. 受講の申込み:招待状が届いたら、同封の案内に従って、「受講の申込み」を行ってください。
  3. 面談:受験のエキスパートである東進の担任が、あなたに最適な講座を提案します。
  4. 受講開始:テキストが届いたら、いよいよ受講を開始します。

以上が東進の新年度特別招待講習の説明になります。
尚、申込者が多数の場合、早期に受験を締め切る場合もございますので、お早目のお申し込みがおすすめです。

新しく高3生になる皆さんは、2018年のセンター試験が2018年1月13日(土)、14日(日)になりますので、入試本番まで1年を切りましたし、新高2生の皆さんは高3になってから勉強を始めると勉強のペースを確立するのに時間が掛かってしまいます。新高3生は「高3になってから」ではなく、「今すぐ!」受験勉強を本格化させましょう。また、新高2生は高3になるまでの時間を無駄にしないよう、まずはこの春、苦手を完全克服しましょう。
新高1生・高生は受験にフライングはありません。早期スタートで受験を制しましょう。


▼招待状の請求・東進の詳しい資料請求はこちらから▼
東進ハイスクール


▲このページの先頭へ


▲トップページへ戻る